開催終了のお知らせ

第10回横浜国立大学ホームカミングデーは、皆様のおかげをもちまして無事に終了することができました。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
次回のご参加もお待ち申し上げております。詳細が決まり次第、当ホームページにてご案内いたします。

HCD定義

更新履歴
  • 2015年10月02日 キャンパスマップアクセス案内のページを更新しました
  • 2015年09月04日 イベント情報交流会のページを更新しました
  • 2015年06月12日 メイン講演者が決定しました
  • 2015年05月21日 第10回横浜国立大学ホームカミングデーのホームページをアップしました。
メイン講演者

当日参加のお知らせ

第10回HCD開催にあたって長谷部 勇一学長からのメッセージ

長谷部勇一学長

「All YNUでホームカミングデー2015の成功を!」
本学では、従来から教育学部、経済・経営学部、理工学部等のそれぞれの卒業生を母体とした同窓会(友松会、富丘会、名教自然会)があり、そのご協力を得てホームカミングデーを毎年開催し、記念講演、模擬講義、懇親会などを通じて現役の教職員・学生と卒業生の皆さんとの交流を図ってきました。昨年秋、大学のさらなる発展のため、在校生、卒業生と教職員も含む交流組織として校友会が発足し、その校友会が主体となっての初めてのホームカミングデーとなります。 今年は、大学祭と同日開催とすることにより、学部の壁、年齢の壁、国籍の壁を越え、横浜国大にゆかりのある皆さんの人的ネットワークをさらに活発にしていきたいと考えています。学生、卒業生のご家族の皆さんも含めて、是非、ご参加のほどよろしくお願いします。

校友会会長挨拶

杉田会長

横浜国立大学校友会は昨年十月に発足、活動を開始しました。初代会長の鈴木邦雄前学長に続き、四月一日より、杉田が会長に就いています。校友会創設の狙いは、これまで独立色の強い各学部毎の″同窓会″を相互に結び、全学的な規模で大学の運営・社交活動を支援しようというものです。人口減少、グローバル化の進行もあって、大学間の競争は厳しさを増しており、YNUも安閑としておれる状況ではありません。先輩と現役学生の皆さんとの交流を深め、社会に羽ばたく学生の皆さんの手助けをするのも役割の一つです。大学、卒業生、在学生の三者一体の盛り上げを図るため、本年度は校友会と大学の共催、そして大学祭との同日開催を予定しています。全学部の関係者が多数参加し、YNUの一体感を高めていただければ会長としてこの上ない幸甚です。
校友会会長 杉田 亮毅

実行委員長挨拶

植村博恭実行委員長

Welcome to YNU-HCD
今年のホームカミングデーのテーマは、「グローバル時代における学風の発展と継承」です。国際都市横浜の地で、グローバルに活躍する人材を生み出していく先進的な大学として、学風の一層の発展を目指したいと思います。今年は常盤祭との同日開催で、卒業生と在校生の積極的な交流も大いに期待できます。ぜひ先輩から後輩へと学風を継承していきたいと思います。また、外国からの留学生との英語や日本語による交流も行われ、国際的なネットワークが大きく広がっています。いま、横浜国立大学は、グローバル時代に力強く飛翔しつつあります。ぜひ、みなさん、おおいにお楽しみください。
第10回 YNU-HCD実行委員長・植村 博恭 (1981年 経済学部卒)

↑ページのトップへ

横浜国立大学ホームページへ 横浜国立大学校友会 横浜国立大学